楽天カードのエラーコード:2とは?突然の強制解約に対処法はある?

それは晴天のある日のこと……
iPhoneのApple Payから「カードが削除されました」と衝撃の通知が。

全く心当たりのない状況、楽天e-naviにログインしてみると
エラーコード2 このカードは使えません」……。

一体何が起こったのか?
思い当たること、実際に電話してみて得られた情報、これからの対処法について
リアルな体験をここにまとめたいと思います。

結論:もはや手遅れ。できることはない。

調べてみて・電話してみてわかったこと。それはエラーコード2とは「強制解約」であり、
もはや何の手立てもできない手遅れの状態だったということ。

そんなのってあんまりでは?と思いつつ、
自由な経済活動が認められた資本主義における会社と個人の契約。
すべての契約は「両想い」でのみ成り立つのであると痛感して、
次の恋人を探すしかないようです。

そもそもの私の状況

独身の給与所得サラリーマン

私は30代の独身サラリーマンで、勤続10年以上の給与所得者です。
属性としては良い方だと自覚していますが、今回このような悲劇に見舞われてしまいました。

私についての詳しい情報はこちらをぜひご参照ください。

参考リンク

運営者情報

楽天カードはゴールドとシルバーで2枚契約

カードはゴールドカード会員で、サブカードとして通常の楽天カードも1枚追加で作っていました。
これは同じ人間の同じ与信枠をただ2枚のカードで分け合っているだけなので、特になにか今回の判断の要素になったとは考えていません。

限度額はショッピング200万円、キャッシングなし

限度額はゴールド会員のために上限があがっており200万円(無料会員は100万円まで)で、
キャッシング枠については申請していませんでした。
この点についても特に心配する要素はなかったのではないかと思っています。

created by Rinker
ノーブランド品
¥2,000 (2024/06/24 10:53:27時点 Amazon調べ-詳細)

思い当たる節

ただし無類の借金好きの私にはいくつか思い当たる節があります。
結局どれが原因か確たることは言えないため、同じ状況にある人の参考になるように
全てを書き留めておこうと思います。

①ちょくちょく数日の延滞を繰り返した

もうこれじゃん。

そう思ったあなた、なかなか賢くあらせられる。
わたくし、どうしてもだらしないところがあり、クレジットカードの支払いを数日遅れることがままあります。
こと楽天カードにおいては数か月連続で数日遅れの支払いとなっておりました。

ただし楽天カードは数日遅れについては想定済みとでもいうのか、
自動引き落としが行われ、かつe-navi上でも自動的に案内が出る仕組みになっています。

そのため、「楽天では数日遅れまではノーカンなのでは?」という身勝手な解釈で
気が緩んでいたのは事実です。。

一つだけ補足しておくと、後日CICで個人信用情報を請求してみたところ、
引き落とし上は「$」となってあり、遅滞なしで正常引き落としされているという記録にはなっておりました。
共通記録の方には遅延の実態は残さないでくれている楽天さん、おやさしいですね。

②最近他社でカードローンの枠を500万円まで拡張した

これもなかなかに影響がありそうだなと思ったところです。
楽天カードが止まる2日前に、三井住友カードローンの増枠申請の審査が通り、
キャッシング枠が160万円→500万円と一気に増額承認となりました。

信用力が高まった証拠なので悪いことはないと思っていたのですが、
他社でこれだけのお金をいつでも借りられるということが楽天的にはマイナスに働いた可能性もゼロではないでしょう

③最近他社で1億円の住宅ローンの承認を受けた

住宅ローンがクレジットカードに影響を与えることは考えづらいとおもっておりますが、
金額が金額なのと、時期的に1か月ほど前だったりして十分影響がある期間といえるので
この点も無視はできません。

④最近「後から分割払い」を100万円くらい適用した

何分引っ越しに向けてお金が足りなくなってきていることもあり、
引き落とし金額を少なくするために数か月連続で後から分割払いを利用していました。

その残高は100万円を超えており、半ば自転車操業感のある返済の仕方に
楽天さんもリスクを感じたのかもしれません。

問い合わせた結果

いてもたってもいられなくなり、カード裏面にある「プレミアムカード窓口」に電話してみることにしました……

基本的に理由は教えてくれない

これは事前にわかっていたことですが、やはり窓口では審査結果の内容を教えてくれることはありません。
私が問い合わせた時は「当窓口は審査部署ではないため、その内容を知りません」といった旨を言われました。

ほんとか?と全然信じていませんがw、そういうことのようです。

「一般論」として聞く/個別の項目について問うことでヒントも

ただしとんちだけは聞く私は、「審査結果」について直接聞くわけでもなく、個別の項目やあくまで一般論で、ということであれば窓口担当者も責任を逃れつつ多少相手をしてくれるのではないかと踏み、色々と聞いてみることにしました。

電話口の回答から「遅延」がもっともらしいと思われた

「あのー、わたしって、そもそも遅延とかどうなっていましたっけ……」

「あーそうですね、お客様は最近数日お支払い期日よりもあとにご入金いただいていることがあるようですね」

「これってやっぱり、一般的には今回のような決定に影響があるものでしょうか」

「そうですね、これが影響している可能性は大きいと思います。」

ですよね。そりゃ遅れてちゃだめですよね。たとえ数日でも……

その他住所変更をしていない等もよくある理由らしい

さらに、さまざまなWEBサイトで先人たちの知恵をみていると、
「住所変更を忘れていると虚偽の申告扱いになり突然BANされる」
という情報を見ました。

たしかにこの主張は筋も通っていますし、普通にありえそうです。
支払い遅延がない方も、くれぐれもお気をつけください。

CICでの照会を勧められる

その後、窓口担当者からは「詳しい結果については個人信用情報機関に登録させていただきますので、そちらをご参照ください」という案内を受けました。

これはいわゆるCICやJICCといった機関ですね。
いい機会なので実際に照会してみることにしました。
この紹介については詳しくまた別記事にて記録しようと思います。

まとめ:楽天カードさんゆるして

遅れた私がわるい!私が悪いけれども!

楽天カードさん、なんとかまた使わせせていただけないだろうか……

楽天ふるさと納税と楽天カードのコラボ、またぶん回したいです。。何卒よろしくお願いします。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。